訪問時期→2019年7月上旬

今回の道東旅行で、唯一日帰り入浴したのが、「山の宿 野中温泉」さん(^_^)
オンネトーの景観を…

P7102989

P7102999

P1330407

P1330409

じっくりと楽しんだ後での立ち寄り(*^。^*)

P7103119-1

日帰り入浴の料金は、大人350円、子供200円、時間は午前10時から午後7時までやった(^_^)
(※入浴時間は季節によって変動している可能性あり…詳しくはお宿に問い合わせしてみてねん(^_-)-☆)

P7103123

フロントでお声がけすると、すぐにお宿の方が出てきて下さるよん(*^。^*)

P7103173

スリッパに履き替えて館内へ(^_^)

P7103170

入って右手には湯上がり処が(*^。^*)

P7103171

P7103166

P7103169

お風呂は隣の「ゆ」の暖簾から(*^。^*)

P7103125

雌阿寒岳の写真や、

P7103164

これまでにこちらを訪れた有名人の方達のサインなどが飾られた廊下を…

P7103128

P7103165

P7103163

進んで、突き当たりがお待ちかねの温泉に(*^。^*)

P7103129

P7103178

下駄箱の上には温泉分析書(^_^)

P7103174

泉質は、含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型) (弱酸性低張性高温泉)
自然湧出でPH5.83、成分総計は4.022g/kg
加水の有無は分からんけど(多分なし)、加温&循環&消毒なしの源泉掛け流し(^_^)v

脱衣所(^_^)

P7103134

P7103133

P7103132

入口横の注意書き(^_^)

P7103135

内湯(*^。^*)

P7103145

P7103155

P7103147

P7103148

P7103156

源泉ドバドバ&オーバーフローが嬉しい(^o^)

温泉分析書では、無色透明の表記やったけど、浴槽内では綺麗な淡緑色透明ではっきり硫化水素臭(*^。^*)
ただ、近隣の他温泉施設で不幸な事故があったからか、上記注意書きのとおり、しっかり換気をされている上、もともと開放的な造りの浴室なんで、浴室内にはそれほど臭いは立ちこめてなかったよん(^_^)

カランはないので、洗うのはこちらを使用(^_^)

P7103158

秘湯のお宿には良くあるパターンやんな(^_-)-☆

そして露天風呂は…

P7103154

P7103141

P7103143

P7103136

こちらは排水溝が中にあるタイプでオーバーフローはなし(^_^)

P7103162

お湯に浸かりながら水車が眺められるよん(*^。^*)

あと、こんなもの?も(^^ゞ
(黄色の枠内に注目(笑))

P7103136

P7103140

浸かっててふと横を見て、「生きてるっっ!?!?」とビビったんやけど(笑)抜け殻やった(^o^)
ま、自然の真っ只中にあるんやから、ヘビさんぐらいいるよねん(^_-)-☆
むしろ、抜け殻を見つけると縁起が良い(特に金運)と言われてるんで、秘かに期待してるよん(爆)

そうそう…湯温はかなり高めで、ぬる湯好きのσ(^_^)達には内湯は結構厳しかってんけど(^◇^;)、露天は何とか大丈夫やったんで、半身浴等織り交ぜながらのんびりと(^^ゞ
途中、ご一緒した方と話も弾み(σ(^_^;のせいで長湯させてしまった?かも…だとしたらごめんなさい(^◇^;))楽しい湯浴みやった(^_^)
あ、浴感はサラスベで、湯上がり後はさっぱりの気持ちいいお湯でしたん(^_-)-☆

ではでは…今回も読んでいただいて、本当にどうもありがとうでした~(^_^)/~~

お宿のフェイスブックはこちら→山の宿 野中温泉
楽天トラベルはこちら
↓↓