訪問時期→2017年5月中旬

兵庫県の温泉地と言えば、まずは有馬、城崎、でもって湯村…あたりが有名なんやろ~けど、この七釜温泉は、その湯村温泉近くにある小規模な温泉地
泉質は、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、源泉温度は50度ぐらいで、加水・加温なしの100%源泉掛け流しがウリだよん(^.^)
一帯には、冬場のカニをはじめとする、浜坂漁港で捕れた新鮮な魚介類を提供してくれる民宿系旅館が点在していて、今回訪れた「こう屋」さんもそんな中のひとつ、全7室の小宿で、昨年秋に続いて2度目の訪問に(^o^)

お宿外観

P1100389

玄関から入り口付近を

P1180573

P1180598

P1100413

部屋は前回と同じで、階段上がって2階の、アジアンテイスト風和室(トイレ付)・うめ、を指定(^.^)

P1180569

P1180548

P1180553_1

クローゼットの中に浴衣とバスタオル(金庫も)

P1180558

洗面スペース

P1100396

トイレ

P1180560

冷蔵庫は空

P1180557

座卓の上には…

P1180550

お湯のポットとお茶菓子のとち餅
このとち餅が甘さ控えめでめちゃ美味~(*^。^*)、しかも無添加で安心と良いことずくめ(^o^)、近所の小さなお店が作っているとのことで、お宿で頼めばチェックアウト時に用意してくれるよん
これは前回の時の写真

P1100500

体重のことを考えて(^◇^;)今回は頼まなかったけど、やっぱり次回は頼もうかなぁ…
(再訪する気満々(笑))

他には、ここ七釜温泉の案内とか…

P1100405

P1100407

徒歩数分のところにある公衆浴場、「ゆ~らく館」の入浴券も(^o^)

P1180565

もちろんお宿にも掛け流しの内湯あり
まずはそちらにGO~!!

P1100416

女湯…となってるけど、実は前回・今回とも宿泊はσ(^_^)達だけの貸切状態、なのでこちらに夫婦揃って入浴
もちろん他にお客さんがいらっしゃる時は、本来の女湯になるんだろうと
ちなみに男湯の方は暖簾もかかってなくて、お湯も張ってなかったよん
人いないのに勿体ないもんね(^_-)-☆
ハイシーズンには時間を区切ってそれぞれを貸切湯として使うっぽい??(未確認です、すみません(^^ゞ)
状況に応じて、臨機応変に対応されているみたい(^.^)

脱衣スペース

P1180576

P1100419

P1180584

P1180577

温泉分析書

P1180578

入浴時の注意とか

P1180587

んでは、いざ入浴(^o^)

P1180580

浴室内は畳敷き
浴槽は夫婦2人で入るのがちょうどぐらいの大きさ
(他人同士だと厳しいかも…??)

洗い場スペース

P1180581

お湯は薄濁りの浅黄色(*^。^*)

P1180586

源泉ドバドバ(^o^)

P1180583

排水はこちらから

P1180582

でもって熱い~~!!(^_^;)
そう…ぬる湯好きのσ(^_^)達にとって、唯一の欠点(笑)は熱すぎること(^◇^;)
大体43度ぐらい??かなぁ…
39~40度が適温の身には厳しいよん(^_^;)
なので勿体ない…とは思いつつ、貸切なので毎回盛大に加水(^^ゞ

って……100%の意味ないやん(^◇^;)てな感じやけど、薄めるお水も地下水で塩素無しやし、リラックスして入るのも、心身の健康には重要やし(笑)
あ、カランは押している間だけ水が出るタイプなので、結構力も必要かと(笑)
(注意書きにあったように、以前は普通の蛇口だったと思うんやけど、多分閉め忘れる人が結構いたんじゃないかなぁ…)

でも、それだけ盛大に加水しても、つるつる系の浴感は損なわれないし、湯上がりはお肌すべすべ、プラス、よく温まるいいお湯だよん(^_^)v
(入浴時間は、午後3時~11時、朝6時~9時半まで(^_-)-☆毎日抜いて清掃してらっしゃるとのこと)


で、せっかくチケットもいただいてるんで、夕食前に「ゆ~らく館」へ

P1180603

P1180604

P1180606

P1180611

P1180610

P1180612

温泉分析書とか

P1180607

P1180625

…と、ここまで撮ったところで、浴室内でスマホのカメラモード使用禁止の張り紙を発見(^◇^;)
(あんまし目立たないとこにひっそりと貼ってあった(^_^;))
なので当然普通のカメラもNGだろうということで、写真はなし(^^ゞ
詳しくは公式サイトで確認してねん(^_-)-☆→こちら
(あ…やっぱりお湯は熱いっす、念のため(笑))

さて。
内湯と外湯、Wで温まった後は、お待ちかね♪♪の夕食に
部屋食と別室が選べるので後者を選択、階下に移動するだけなんで楽ちん(^.^)

でもって今回のプランは「エビ尽くし」、地元浜坂の朝捕れエビがいっぱいだよん(^_^)v
ちなみにお品書きはなし、よって下手な説明するより写真を見てねん(^_-)-☆

最初のセッティング

P1180635

P1180636

プリップリのお造り♪♪

P1180642

エビは右から、スジエビ、鬼エビ、もさエビ(^.^)
無論どれもうまうま~\(^O^)/

酢の物に…

P1180640

炊き合わせ…

P1180641

たこしゃぶ(+ホタルイカ(^o^))

P1180637

椎茸はどんこで旨味がたっぷり、野菜も手抜きなしだよん(^o^)

P1180657

但馬牛も!!(*^。^*)

P1180638

お肉も柔らかくて美味しいよん~(*^。^*)

そしてメインの「エビの宝楽焼き」

P1180644

ほどよく焼けて…

P1180651

味付けはお塩のみ
プリプリの身と、エビ本来の甘さでいくらでも食べられそう(笑)

こちらは…

P1180645

お造りでも焼いても…とのことだったんやけど、焼く方が甘みが増すので後者を選択
ご主人がちょうど良い加減に焼いてくださるので安心して食いに専念(笑)

まだまだあるよん~(^o^)
ノドグロ塩焼き!!

P1180652

油が乗っていて美味しい~~(^o^)
焼き加減も絶妙(^_^)v

茶碗蒸し♪♪

P1180653

天ぷら

P1180659

衣は薄くてサクッ♪♪
中のタコは柔らかくて美味っ♪♪

お料理にあわせて、いつもは飲まない(飲めない(^_^;))お酒も

P1180655

2人で350ml…これ以上は無理、かな(^◇^;)
でもでも、口当たり良くて美味しかった~♪♪
後は定番、ウーロン茶で(笑)

お吸い物の湯葉も地元産

P1180660

魚はキンキ、ちゃんと片栗粉をまぶしてあってふわふわ~♪♪

これに限らず、こちらは素材の良さに加えて、きちんと手間をかけて、ちゃんとしたお料理を作ってくださるんだよねん(^o^)
捕れる魚の種類は違えど、同じように漁業は盛んなσ(^_^)達の地元…なのに、県外客も多い人気の飲食店でも、取り柄はまあまあ新鮮なことだけ、みたいな、全然センスの欠片もないような料理を出すところがあって(^◇^;)、なんでやねん!?てな感じを常々持ってるんで、こういうちょっとしたところも嬉しいよん♪♪

あ、写真撮り忘れてるけど、お米も自家製(の田んぼ)でもちろんうまうま~、よってお茶碗に入れていただいた分は(苦しかったけど(笑))完食♪♪

デザートもぺろり(^.^)

P1180661

そして朝食

P1180665

P1180667

P1180666

ご飯はタケノコの炊き込み(^.^)

P1180670

もちろん白ご飯もあり
(σ(^_^)はお腹いっぱいで食べられなかったけど(^◇^;)、夫は食べてた(笑))
シンプルやけど美味しい朝ご飯、撮ってないけど食後のコーヒーもあり(^o^)


……てなワケで。

質の良いお湯と美味しい食事がリーズナブルに楽しめる、いいお宿っす
次回はカニの季節かなぁ(^o^)


ではでは…読んでいただいて、どうもありがとうでした~(^_^)/~~



今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記

お宿の公式サイトはこちら→こう屋旅館
楽天トラベルはこちら
↓↓