2013年→突然温泉めぐりに目覚める(笑)
時間とお金の許す限り、全国各地の温泉地を訪れたいっ!!
2017年→早期退職する(^^ゞ
お金はなくても(^◇^;)やっぱり旅行したいっ!!
そんなお気楽人間の夫婦旅記録、主に備忘録代わりなので写真多しです。

訪れた場所・施設等の詳細は「4トラベル旅行記ページ」にて公開中。
あ、ブログタイトルは是非とも時代劇調(ナレーションは熊倉一雄氏)で音読よろしくです(^_-)-☆

奥道後温泉

奥道後温泉・壱湯の守~景色良し&お湯良し 硫黄香る掛け流し大露天・その3

訪問時期→2017年7月中旬

施設編は→こちら
温泉編は→こちら

最後に食事編
いくつかのプランの中から、一番リーズナブルな朝夕バイキングを選択(^.^)
まずは夕食から(^_^)v
会場は4階のロビーから…

P7127083

階段を下りた「桜の間」

P7127059

到着時は、まさにスズキの解体ショー(とスタッフの方が仰っていた)が佳境にさしかかったところ

P7127061

見渡すと会場は広々~(^o^)
天麩羅やステーキなどのライブキッチンもあり
バイキング定番のものから、地元の食材まで種類もかなり豊富だったよん(^o^)

P7127062

P7127063

P7127064

P7127065

P7127066

お造りにされたスズキ
大葉とのコンビでうまうま~(*^。^*)

P7127069

…という訳で、こんなことに……(^^ゞ

P7127075

P7127072

P7127074

P7127076

これでもバランスだけは考えて、主な炭水化物食品は素麺だけ、にしたつもり
(←夫は例によってデザート取りまくりやったけど(笑))
って…やっぱ食べ過ぎたら意味ないか…(^^ゞ
お味の方も概ねグー(^-^)g""…お造り以外にも、手作りのものがかなりあったし、料金を考えたらめちゃお得なんじゃないかと思う(^o^)
食べ出した当初は、人も少なくて、ちょい心配になるぐらいやったんやけど(^^ゞ、まもなくアジア系の団体さんがやってきて、賑やかになったんで良かったよん(^.^)

夕食後、何気なく廊下のボードを見ると、スタッフさん達の紹介が(^.^)

P7127084

みなさん笑顔で明るく、とても感じよかったよん(^o^)
そうそう…実はこんな催しも…

P7137137

宿泊者は無料(^.^)
時間が合わなくてパスしたけど、実はおひねりとか投げてみたかったかも??(^^ゞ

さて、朝食も同会場で

P7137133

昨夜のことを考えて控えめに……と思いつつ、やっぱ食べ過ぎ??
まぁいっか~…旅行やし(^o^)(←どこまでも自分に甘し(^◇^;))
ごちそうさまでした(^_^)v

…ということで
繰り返すけど、加温とはいえ、掛け流しの温泉が大自然の中楽しめ、平日だったので人も少なくてのんびり湯浴みができたし(←これで昔みたいにもっとぬる湯だったら…というのは贅沢やんな(^^ゞ)、食事もご覧のとおり(*^。^*)、スタッフの方達も親切で、しかも宿泊費はめちゃリーズナブル、と、σ(^_^)的には言うこと無しのお宿でしたん(^o^)


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→奥道後 壱湯の守
楽天トラベルはこちら
↓↓


奥道後温泉・壱湯の守~景色良し&お湯良し 硫黄香る掛け流し大露天・その2

訪問時期→2017年7月中旬

施設編は→こちら

…ということで、いよいよお風呂編
と、その前に、もう一度館内図でおさらいを(笑)

P7126990

つまり、大浴場は写真右下の緑の丸部分なので、矢印2つ分歩く訳なんよな
その廊下がこんな感じ
まずは1つ目の矢印

P7126994

続いて2つ目

P7127046

こちらは、みきゃんによる(笑)四国八十八箇所の紹介
ダークみきゃんもいるよん(^o^)

P7127040

…とまあ、こんな感じで、食べ過ぎた身体には丁度良い運動なんやけど(^^ゞ、これが別館からだと、更に長くなるので、何度も入浴したい場合は、σ(^_^)達と同じく、本館に泊まる方がいいかも

で、ついにたどり着くと…

P7126997

反対側から歩いてきた方の入り口を…

P7127031

日帰り入浴の方の休憩も兼ねてるんだよねん(^.^)
けど、平日だったからか、ほとんどいらっしゃらなかったよん

P7127030

P7126998

階段を下りると(日帰り用)受付のおばちゃんが(^.^)
いつも明るく笑顔で、入浴者の少ない時に浴槽の状態(温度とか)を確認したり、脱衣所の掃除をしたりと、熱心に仕事してらしたよん
…て、σ(^_^)も、人の少ない時間帯を見計らって入ってたんで(笑)、よくそういう場面に遭遇したんやけどな(^^ゞ

その脱衣所は広々~(^.^)

P7126999

P7127035

P7127021

冷水もあり

P7127028

温泉分析書とか

P7127002

泉質はアルカリ性単純硫黄泉

P7127039

P7127036

んじゃ…早速露天風呂に…と思ったら、入り口に撮影禁止の張り紙が(^◇^;)
けど、諦めきれずにフロントに確認したら、人がいなくなればいいですよ、とのことで、露天風呂終了の、夜12時頃を提案していただき、受付のおばちゃんにもその話を通して下さったので、夜の入浴がてら(笑)晴れて写真に収めることができたよん(^_^)v
ありがとうございました(*^。^*)

で、その時おばちゃんに色々教えてもらったところによると、なんとこちらでは、露天&内湯とも、終了後毎日、ボイラー担当の方がお湯抜き&清掃&お湯張りをしてるんだとか
…いや、小宿なら当たり前かもしれんけど、これだけの大規模旅館(ホテル)でそれするって、めちゃ大変やん(^◇^;)
露天は朝5時半~夜12時、内湯は夜11時までだったと思うんで、その努力には頭が下がるよん
おばちゃん曰く、「100%掛け流しやけんな(^o^)」

…ということで、そのありがたさを噛みしめつつ…まずは、サイトからお借りした全体図を(右側が女湯)

layout

階段下から入り口を

P7127123

三寿の湯は1人サイズ

P7127119

奥の洗い場はこんな感じ

P7127117

屋根&ドア&仕切りありで快適♪♪
ここから階段を下りると…

P7127112

絹の湯が

P7127111

P7127109

更に数段下りて…
サウナ&寝湯

P7127101

P7127100

洗い場

P7127104

大湯

P7127102

P7127105

岩湯

P7127116

P7127093

P7127094

…という訳で、昼間の写真はサイトのをお借りして…
と思たんやけど…イマイチ景色が分かるのがない…のが超残念……
なので、フロントの方の「誰もいない時ならOK」に沿って撮ったのを、1枚だけ載せとく(^_-)-☆

P7127008

眼前には山、見下ろせば川、そして見上げれば空(夜は星)と、3点セットの素晴らしさ(^_^)v
いゃあ~~良きかな良きかな(^o^)

…て…まだ内湯があるがな(^◇^;)
いや…実は露天があんまり良かったんで、内湯は入らずじまい(^^ゞ
とりあえず写真だけは撮ってきた次第(ちなみにこちらは撮影禁止ではなかったよん)

脱衣所から階段を上がって…

P7127023

P7127025

かなり広いよん(^o^)

P7127027

ちなみにこちらも掛け流しとのこと
冬場身体を洗うのはこちらの方がいいかもねん(^.^)

あ…個人的に1つだけ言いたいのは、湯温が42℃ぐらいだったんで、σ(^_^)達ぬる湯好き夫婦には、もう少し低めが嬉しいんやけどなぁ…ということ(←リニューアル前は温かってん(^o^))
とは言え、気持ちの良いお湯には違いなく、夫婦揃って5、6回は浸かって堪能しましたん(^_^)v

そうそう…おまけ?として、屋外プールもあるよん(^o^)

P7127071

これからの夏休み、家族で温泉にはもってこいかもねん(^o^)
あと、日帰りの方専用?の貸切露天もあるみたい

P7137147

詳しくはサイトで確認してねん(^_-)-☆
…と、案の定、長くなったんで(^^ゞ食事編は後ほど…


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→奥道後 壱湯の守
楽天トラベルはこちら
↓↓


奥道後温泉・壱湯の守~景色良し&お湯良し 硫黄香る掛け流し大露天

訪問時期→2017年7月中旬

愛媛県の温泉と言えば、真っ先に「道後温泉」が浮かぶ…というか、下手したら道後一択になりそうなんやけど、なかなかどうして、それ以外にもいい所があるんだよん、と言うのを、同じ島(笑)に住む人間としては、声を大にして言いたい訳で…(^^ゞ

中でも、泉質だけみたら、絶体道後よりこっちやで!!と、個人的に大プッシュしたいのが、この奥道後温泉
なんてったって源泉掛け流しの上に、はっきり分かる硫黄臭!!(硫化水素)
いや…そりゃ~、九州や東北の、温泉過密地帯(笑)に住む方達からしたら、それが何??とか言われそうなレベルかもしれんけど(^_^;)、何せここは温泉不毛の地・四国…(^◇^;)
そこで、これだけの規模の露天が、全て加温とはいえ掛け流し温泉の供給で成り立っていて、しかも愛しのたまご臭、おまけに景色は抜群(*^。^*)、というのは、ほとんど奇跡に近い(笑)レベルなんじゃないかと

そもそも、この「壱湯の守」昔は「ホテル奥道後」という名前で、いわゆる典型的な昭和の大規模温泉旅館、やってん
それが、いろいろあって、数年前にリニューアル&新たに名前を変えて再出発した、と
旧ホテル時代に家族旅行で2回訪れたことがあって、当時の露天(名物「ジャングル風呂」(笑))が気に入ってただけに、温泉自体にハマってからのこの展開に、心から良かった~(^o^)、と思ったと同時に、一度は新しくなった露天にも入ってみんとな、と思ったワケで…

…って…めちゃめちゃ前置きが長なっても~たけど(^^ゞ、早速紹介を…
まずは施設編

うっかりと(^^ゞ外観を撮り忘れたんで(^◇^;)フロントから
入口側

P7137154

反対側から

P7137150

川沿いに建ってるんでここは既に5階、写真の階段を下りるとロビーが

P7137143

夜は…

P7127086

窓からの眺め

P7137145

ちなみに、館内全体はこんな感じ

P7126990

キッズコーナー

P7137140

σ(^_^)達の部屋は本館7階(最上階)のツインルーム

P7126977

P7126978

P7126981

緑は心が安まるよねん(*^。^*)
反対側は…

P7126979

σ(^_^)達的には広さも十分(*^。^*)
カウンターの上には電気ケトル、テーブルにはお茶セット、お茶請けは種なし梅だったよん
水回りは一体型

P7126988

露天で全て事足りたので(^o^)、部屋のお風呂は使用せず

…んでは、続いてお風呂編…やけど、長くなりそうなんで(^^ゞちょいと分けます…


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→奥道後 壱湯の守
楽天トラベルはこちら
↓↓


プロフィール
南まさと

「不満たらたらのアリより幸せなキリギリスでいたい」がモットー(笑)のアラフィフ女っす
色々とマニアック&多趣味??かなぁ・・(;^_^A
お宿色々♪
ギャラリー
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
楽しいサイトがいっぱい♪♪
広告貼ってみた(^_^)v


カテゴリー
記事検索
温泉宿の検索に…


livedoor 天気