2013年→突然温泉めぐりに目覚める(笑)
時間とお金の許す限り、全国各地の温泉地を訪れたいっ!!
2017年→早期退職する(^^ゞ
時間だけはたっぷりあるし(笑)やっぱり旅行したいっ!!
そんなお気楽人間の夫婦旅記録、主に備忘録代わりなので写真多しです。

訪れた場所・施設等の詳細は「4トラベル旅行記ページ」にて公開中。
あ、ブログタイトルは是非とも時代劇調(ナレーションは芥川隆行氏か熊倉一雄氏(笑))で音読よろしくです(^_-)-☆

兵庫県の温泉

蟹食べ行こう~♪♪再び(笑)~香住・あまるべ温泉「かにの宿 丸世井」・その2

訪問時期→2018年3月上~中旬

その1は→こちら

ではではお待ちかね(笑)の食事編
夕食は個室のお食事処で(*^。^*)
入り口のカニ爪ランプがナ~イス(^_^)v

P3091200

最初のセッティング(*^。^*)

P3091252

P3091251

殻入れは何とケロリン(爆)
ナイスアイディア(≧▽≦)

P3091259

さて。
今回のプランは訳あり活き蟹(笑)
指落ちのカニを使って、リーズナブルに活き蟹が楽しめるというもの(*^。^*)
なので…

カニ刺し
生はややあっさり目かなぁ…
(もっとも、σ(^_^)達は主にかにしゃぶでいただいたけどねん(^^ゞ)

P3091255

焼き&鍋用カニ(*^。^*)

P3091261

タグアップ(^.^)
(ほぼ食べ終わってから撮ったんで、氷が溶けてちょい水浸しになってるけど…(^◇^;))

P3091289

これ、足の下には大量の胴部分の身が(爆)
なので足の部分は全て焼いて、胴の部分は鍋に使用(^^ゞ

焼くのはこんな感じ…

P3091272

…って…
実はこれは悪い例で(笑)
本当は、関節の所をねじって、どちらの身の部分も上になるように焼くのがグー(^-^)g""

でもって、このカニもちゃんと直したし、他にあれだけ焼いたにもかかわらず、これ以外の画像がないのよん(^◇^;)
てことはつまり…
食べるのに夢中で写真撮ってまへん!!(爆)

他にホイルで蒸し焼きにしたカニも(*^。^*)
海老も1人一匹ずつ(笑)

P3091274

P3091276

あ…そうそう…
お造りと…

P3091257

突き出しもあるよん(^.^)
(お宿自家製かに味噌と白菜(*^。^*))

P3091258

後でカニグラタンも登場したし(*^。^*)

P3091283

もちろん鍋用のお野菜等も(^.^)

P3091253

ともあれ、使用したのは全部で4杯分のカニ(笑)
なので当然カニ味噌も4つ分ある訳で…
全部生でもお出しできるし、焼いてきてもいいですよ、とのことだったんで、半分ずつに(^.^)
(全部こちらで焼くのは面倒くさいし…(^^ゞ)

焼いてきてもらったカニ味噌(*^。^*)

P3091278

ああ~幸せ~~!!(≧▽≦)(≧▽≦)

P3091280

で、生の方は…

P3091269

P3091268

炭火にかけてほどよく煮詰め、旨味が凝縮されたところに…

P3091285

ほぐしたカニ身を入れて…

P3091293

混ぜて食べると…

P3091295

んんんんんんんまいっっ!!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
(撮る前に大分食べとるがな自分…(爆))
夫がカニ味噌苦手なもんで(^_^)v、大量の3個分がσ(^_^)のお腹に(笑)
…この人と結婚して良かった…(違)

で、最終的に残ったのが胴部分
もちろん、食べきれなければきちんとお持ちかえり様にしてくれる旨、最初に説明してくれてたんやけど、何分面倒くさがり故、絶体家では食べんだろうなぁ…と
かといって残すのは勿体ないし…(貧乏性(^^ゞ)
…ならどうするか…
と言う訳で、先に書いたようにとりあえずほぼ食べ切った鍋に投入した後、再び取り出して身をほぐし(作業に必死で写真撮ってないのが残念(笑))、再度戻し入れて、大量カニ身入りの雑炊に(*^。^*)

P3091291

醤油でちょちょっと味を整えて…

P3091298

んんんんんんんまいっっ!!(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)

紅ショウガと沢庵(^.^)

P3091297

そして残った大量の殻(爆)

P3091301

…けどデザートは別腹(^^ゞ

P3091300

いゃあ~美味しかった、けど疲れたし肩こった(爆)
…でもやっぱり美味しかった、でも食べ過ぎた(爆)

なんせ夫が途中でギブアップ(笑)、なので最終的に2/3はσ(^_^)が食べたんやないかと…
当然お腹パンパン(爆)食後は胃薬飲んで、右脇腹を下に(笑)しばらく布団でダウンしてたよん(^_^;)

…もう当分カニはええわ……(^◇^;)

と、その夜は夫と話してたんやけどな……
こうやって書いていると、その味が思い出されて、またすぐにでも食べたくなってしまうという…(笑)
恐るべしカニの魔力(^_-)-☆
また来シーズン食べるけんな~~!!(#^.^#)

…つ~ことで。
翌朝の朝食は2階の食事処で
こちらは一部屋にテーブルごとのセッティングだよん(^.^)

P3101309

必要十分なラインナップ(*^。^*)

P3101315

定番エテカレイの干物も(^.^)

P3101313

お味噌汁にはもちろんカニ(*^。^*)

P3101314

コーヒーはセルフで(^.^)

P3101317

最後に。
夕食時、仲居さんが部屋に入るのが必要最小限(もち、連絡すればすぐに来てくれるよん(^_^)v)だったので、最初は今までのお宿との違いにちょい戸惑ったんやけど、つまりは自分達で好きなようにさせてくれるため、他人の目を気にせずに(笑)カニ身剥き&カニ食べに専念できて、これはこれで良かったなぁ…と(*^。^*)
(カニの身ほじってる時って、きっと傍から見てるとど必死なんちゃうやろか?(爆))

…ということで(*^。^*)
館内も清潔でお宿の方達も親切、美味しいカニが沢山食べられて、とてもいいお宿でしたん(^_-)-☆


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→かにの宿 丸世井
楽天トラベルはこちら
↓↓


蟹食べ行こう~♪♪再び(笑)~香住・あまるべ温泉「かにの宿 丸世井」・その1

訪問時期→2018年3月上~中旬

今シーズンは最初の頃に、こちらで活き蟹をいただいたんやけど、松葉ガニ漁が終了してしまう前に、もう1度食べておきたいよねん(^^ゞ…ということで、お初のお宿へ(*^。^*)
選んだのは、香住にある「丸世井」さんだよん(^.^)
まずは外観から…

P3091168

街中ではあるけど、実は海の近く(^.^)
駅から送迎して下さるけど、σ(^_^)達は運動も兼ねて歩きで
約15分ほどの道のりやった(*^。^*)

お宿は全10室でこぢんまり(^.^)
玄関とかお帳場とかロビーとか…

P3091244

P3101324

P3091246

部屋のインフォメーションより、手書きの館内案内図(^.^)

P3101307

部屋は3階の「かいがら」
バス・トイレ付きの和室だよん(^.^)

P3091198

P3091247

P3091250

シンプルやけど内装は新しくて綺麗(^.^)
角部屋なんで、2面窓で明るいよん(^_^)v

P3091182

P3091174

P3091179

P3101308

P3091178

お茶セット(^.^)

P3091191

お茶菓子はもちろん…

P3091176

カニ!!(*^。^*)

P3091196

鍵は1つ

P3091193

浴衣等はクローゼットの中に
湯足袋もあり(^.^)

P3091187

冷蔵庫の中は空

P3091185

お布団敷きの時に冷水も(^.^)

P3091304

水回りは一体型だよん(^.^)

P3091172

さて。
館内には男女別のお風呂あり

P3091243

P3091240

P3091203

温泉分析書

P3091241

詳しい表示はないけど、加温&循環&消毒(加水も??)で間違いなしかな…
(塩素臭はほとんどなし…新薬使ってるのかもねん)
んでも、それは承知の上(笑)…今回に限れば、温泉は2の次3の次(爆)メインはあくまでもカニ!!
なので温まればよしと割り切って(*^。^*)

P3091231

P3091207

P3091229

ジオパークのキャラ達が可愛い(*^。^*)

P3091214

P3091211

右手ドアの向こうが半露天(*^。^*)

P3091210

P3091215

P3091219

ガラス戸を開けると坪庭が(^.^)

P3091223

内湯も露天の浴槽も、正味1人サイズやけど、部屋数が少ないこともあって貸切で入浴(^^ゞ
清潔で内装も可愛くて好印象だったよん(*^。^*)

…ということで
続きはまた後日(*^。^*)


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→かにの宿 丸世井
楽天トラベルはこちら
↓↓


有馬温泉泉源めぐり♪♪~ブラタモリ便乗(爆)

訪問時期→2016年4月中旬

え~と(^^ゞ
ホントは前記事で触れた、北陸地方の温泉宿のことを書くはずやってんけど、今日のブラタモリが有馬温泉だったたもんで、ちょい便乗したれ(^^ゞと、邪ごころで方針変更(笑)、以前有馬温泉で宿泊した翌日に泉源めぐりをした時の写真を載せてみるよん(*^。^*)
(この時宿泊したお宿のことも、いずれは書きたいなぁ…(^^ゞ)

順序はおおよそこのマップに沿って(^.^)

P1340013

これは温泉街にあった案内板やけど、同じようなチラシもあるんで、それを手にしての散策やったと思う(^^ゞ
ここに書かれた「泉源コース」を拡大するとこんな感じ(^.^)

P1340013

現在地からスタートして左回りに…
まずは「有明泉源」

P1340023

P1340025

2つ大きなやぐらがあるんやけど、そのうちの1つは今はもう稼働してないみたい
(写真のうちのどちらかは不明…(^_^;))

次に「天神泉源」
迷わないように標識もあり

P1340028

こちらはなんと神社の境内の中に(*^。^*)

P1340038

P1340030

P1340031

P1340040

続いては…

P1340063

まずは左の「妬(うわなり)泉源」へ

P1340066

P1340067

その後、先に近くの「極楽泉源」へ

P1340070

P1340072

P1340071

そして、「ブラタモリ」でも紹介されていた「炭酸せんべい」が作られる元になった、「炭酸泉源」へ(*^。^*)

P1340076

P1340078

P1340080

P1340087

P1340083

ちなみに、ここからは飲めなくて…

P1340083

飲用は隣の蛇口から

P1340085

多くの人が汲みに来ていて、ペットボトルが沢山並んでたよん(^.^)
で、もちろんσ(^_^)も飲んでみた(^_^)v
…予想通り、炭酸…よりも金気臭が結構…(^◇^;)
ま、それでこそ温泉なワケで(^o^)
そうそう…有馬には「金泉」「銀泉」があるけど、この時めぐった泉源の中では、ここだけが「銀泉」で、あとは全部「金泉」だよん(*^。^*)

んでは、最後に「御所源泉」

P1340107

P1340106

P1340103

なんせ、温泉街の中で、こんな風に泉源を巡ったのは初めてだったんで(集中管理してるタンクを見たりしたことはあるけど)、それだけでもワクワクしたし、時折プシュー!!とか音を立てたり、写真にも写ってるように、もくもくと蒸気が出てるのを見ると、うわっ…凄い~!!と、更にテンションが上がったりして(^^ゞ
(…こういうのに全く興味のない夫は、ちょい不服そうやったけど(爆)付き合ってくれてありがとねん(^з^)-☆)
あ…温泉街には、お洒落なお店も結構あるんで、この時ももちろん、ランチとカフェタイム込み(*^。^*)
(あと、「太閤の湯殿館」も見学した(^_^)v)
そんなこんなで、めちゃくちゃ楽しい散策でしたん(^_-)-☆


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


プロフィール
南まさと

「不満たらたらのアリより幸せなキリギリスでいたい」がモットー(笑)のアラフィフ女っす
色々とマニアック&多趣味??かなぁ・・(;^_^A
お宿色々♪
ギャラリー
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
楽しいサイトがいっぱい♪♪
広告貼ってみた(^_^)v
広告貼ってみた(^_^)v
記事検索
とりあえずの定番(^.^)
平日リーズナブルに(^.^)
ちょこっと贅沢(^.^)
還元ポイント高し(^.^)
カテゴリ別アーカイブ
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: