2013年→突然温泉めぐりに目覚める(笑)
時間とお金の許す限り、全国各地の温泉地を訪れたいっ!!
2017年→早期退職する(^^ゞ
お金はなくても(^◇^;)やっぱり旅行したいっ!!
そんなお気楽人間の夫婦旅記録、主に備忘録代わりなので写真多しです。

訪れた場所・施設等の詳細は「4トラベル旅行記ページ」にて公開中。
あ、ブログタイトルは是非とも時代劇調(ナレーションは熊倉一雄氏)で音読よろしくです(^_-)-☆

和歌山県の温泉

白浜温泉・古賀の井リゾート&スパ~コスパ良すぎるリゾートホテル

訪問時期→2017年6月上旬

思いがけないアクシデントで、当面の旅行予定をキャンセルして早1週間…どうせならその間に、過去訪れてまだ記事にできてなかった温泉のことを書こう(^_^)v、と思い立った(^^ゞにもかかわらず、日々のんべんだらりと過ごせる環境に甘えてしまって、全く更新してなかったことを遅まきながら反省…(^◇^;)

…というワケで、とりあえず先に、今月の白浜方面旅行で泊まった、もう1つのホテルの詳細を

てか…結論から先に書くけど、このホテル、時期を選べば、タイトルどおりびっくりするぐらいリーズナブルにリゾート気分が満喫できて、本当にお得なんじゃないかと思うよん(^o^)
て…それはつまり、シーズン前の平日、ってことなんやけど、σ(^_^)的には、たとえ週末に行ったとしても、かなり満足して帰ってたんちゃうんかな?という気がする(*^。^*)

んでは、施設&部屋編から順に紹介(^_-)-☆
まずは外観

P5304465

ご覧の通り、高台に建つ大規模リゾート、って感じ

P5314536

ロビー付近とか

P5293940

P5293934

P5293938

中庭とか…

P5293936

P5293944

館内案内図

P5293941

P5293942

部屋はスタンダードツイン
45㎡なのでσ(^_^)達的には広さも十分(^o^)

P5293946

P5293947

P5293950

8階だったので眺めも抜群(*^。^*)

P5293961

P5293960

夕暮れ時…

P5294009

最高~~!!(≧∀≦)
一方、バルコニーに出て下を見れば、綺麗に手入れされた庭が(^o^)

P5293959

ちなみに、こちらも夜はライトアップされてこんな感じになるよん(^o^)

P5294021

水回りは完全セパレートで広々~(^_^)v

P5293953

P5293954

P5293956

明らか色彩が変(←デジカメオート撮影あるある(^_^;))やけど、元がどうだったか既に記憶にないんでそのまま載せる(^◇^;)
あと写ってないけど、もちろんトイレはウォシュレット

お茶菓子もあり(^o^)

P5293957

2日目(^.^)

P5304494

部屋にあった館内施設案内

P5293966

もちろん館内全て浴衣&羽織でOKだよん(^o^)

さて、次はいよいよ温泉関係
大浴場や室内プールなどは全てB2階に

P5314532

B1階まで降りると…

P5314529

まずは湯上がりラウンジが

P5314530

P5304493

飲み物は3種類、もちろんご自由に(^o^)

P5293988

P5293970

ここから通路を通って…

P5293973

いよいよ大浴場へ

P5293975

…と、その前に…

P5314522

正面には室内プール

P5314521

P5314523

リゾート、って感じ(^o^)

P5314525

女湯入り口

P5293980

以下はお宿の方の許可を得て撮影しています(^_^)v

脱衣所も広々~(*^。^*)

P5293981

タオル&バスタオル共に備え付けなのも嬉しいよねん(^_-)-☆

P5293982

温泉分析書

P5293984

P5293983

ちなみに、白浜温泉と言っても、源泉はいくつもあって、それぞれに泉質が異なっているとのこと
でもって、こちらのホテルは自家源泉、泉名は表によると「若葉温泉」だよん
この表によると飲泉も可っぽいけど、ホテルとしては想定してない感じ
あと、多分加水&加温もありかなぁ…内湯は掛け流しっぽいけど、露天は循環と併用かと
σ(^_^)は内湯が気に入ってそっちばっか入ってたけど、他の方は露天が多かったかも
内湯の湯口付近には、ごく弱いけど卵臭がしたよん(*^。^*)
いずれにしても、こういう大規模リゾートホテルにしては(←まだ行ったことないけど、草津とか四万とか…もともと湯量がめちゃ豊富そうな所を除く)、かなりいいお湯なんじゃないかと思う(^.^)

まずは内湯(^o^)

P5304468

P5304477

P5304469

今の時期は窓が全て開け放されていて…

P5304472

開放感抜群!!

P5304492

向こうに見えるのが露天風呂
境目(笑)から

P5304475

ああ~~ええ湯や~~~!!(*^。^*)
が、私的に唯一の欠点は湯温が高いこと(^◇^;)
測りにいらしてた係の方に聞いたところでは、41.7~42度と仰ってたと思う
って…きっと大部分の方にとっては適温なんやろなぁ……(^^ゞ
うぅ…ぬる湯好きは辛いよん…(^◇^;)

とは言え、座れるスペースもあるので、温まり過ぎたら出て涼み、落ち着いたらまた入浴…の繰り返し(^_^)v
ほんに極楽極楽♪♪

一方露天風呂は…

P5304486

ご覧の通りの深さ(*^。^*)

P5304487

P5304488

けど、ぐるりと腰掛けスペースがついてるから安心だよん(^_^)v

P5304474

そして夜は…

P5294013

幻想的にライトアップ!!(^o^)
(←毎度ながら写真ヘボいけど…(^^ゞ)

内湯側から

P5294010

はう~~…満足満足♪♪

…と、ここまでUPして気がついたけど、洗い場の写真がない~(^_^;)
つ~のも、ここにはくつろぎに来てて、髪とか身体とかは、部屋のお風呂で洗ってたから(^^ゞ
なので悪しからずご了承のほど…

それでは最後に食事編
今回、バイキングプランやったんやけど、これがまた…
品数多し♪、ご当地ものもあり♪、ライブキッチンもあり♪…でめちゃいい感じ(^_^)v
おまけにスタッフの方達がテキパキとしていて素晴らしく、平日といえど常にそこそこ混んでたにもかかわらず、さっと席に案内してくれてストレスフリーの快適さ(^o^)
故に食べ過ぎた、と…(←言い訳(笑))

常に人がいらしたんで、お料理全体は撮ってないけど、自分のはこれ(^^ゞ
1日目夜
小鉢類も充実(^o^)
プレート右下はマグロのモツ煮(*^。^*)

P5294003

P5294000

サザエの壺焼き、天麩羅等はライブキッチン
海鮮系はどれもグー(^-^)g""
で、σ(^_^)はデザートを食べんかったんやけど、夫が取りまくり(笑)
写真はないけど、種類も豊富で、どれも美味しかったとのこと(^o^)

2日目朝

P5304023

P5304024

2日目夜

P5304497

モツ煮がお気に入り(^.^)

P5304498

3日目朝

P5314517

会場の雰囲気だけ…

P5314519


…というワケで

これで1泊1人税込み、9,980円(入湯税別)って、ホンマ破格値やと思うわ
もちろん冒頭にも書いたように、シーズン前の平日だからこそ、なんやろ~けど、それにしても太っ腹(^_^)v
とにかく、全てにおいて大満足のお宿でしたん(*^。^*)


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→白浜古賀の井リゾート&スパ
楽天トラベルはこちら
↓↓

日置川温泉・リヴァージュ・スパひきがわ~PH10超えのヌルトロ湯♪・その2

訪問時期→2017年6月上旬

続いては食事編
元々は夕食ハーフバイキングプランで予約してたけど、平日で宿泊客が少なめ(1、2泊目とも5、6組ぐらい)なので、個別提供になる旨事前に連絡が
もともと予約サイトにもそう記載されてたし、正味バイキングだと食べ過ぎる(^◇^;)んで、σ(^_^)達的には大歓迎(笑)、無論量が少ないということもなく、2日間とも楽しくいただいたよん(^o^)

まずは1日目夕食
こちらがお品書き

P5314697

食事は一気出しスタイル

P5314704

P5314705

けど、暖かいものはちゃんと暖かかったので(急いで食べないといけないかもやけど(笑))特に気にならなかったかな
味も普通にグー(^-^)g""
強いて言えば、お出汁がも少し繊細だったら…とかあるけど、宿泊費を考えるとOKなレベル(^.^)

もちろんお造りは新鮮

P5314708

こちらは別注のイサキ姿造り
身にほんのり甘みがあってうまうま~(*^。^*)

P5314703

天麩羅もサクサク(^.^)
エビの変わり衣が素材を上手くフォローしてる感じ

P5314709

ご飯が1人分ずつ釜炊きなのも嬉しいよねん(^o^)

P5314700

右側の方はお鍋だよん

P5314707

野菜も美味しい
キビナゴの団子も、しっかりキビナゴ~!!って感じでグー(^-^)g""

ご飯は炊きたてなので、美味しいのは言わずもがな
梅の酸味がほどよくきいてていい感じ(*^。^*)

P5314712

米好きな夫は、体重増加の恐怖(笑)に怯えつつも結局お代わりしてたよん(^o^)

デザートまで完食(*^。^*)

P5314713

ごちそうさまでした(^.^)

でもって、朝食はハーフバイキング
最初のセッティングに…

P6014746

茶粥や…

P6014748

P6014749

パン+ディップなどを足してお腹いっぱい(^^ゞ

P6014751

定番の湯豆腐もあるよん(^o^)

P6014750

朝から食べ過ぎ??(←いつもやん~(^◇^;))

んでは2日目の夕食に(^_-)-☆
連泊の場合、往々にして2日目の方がちょい豪華、ってな事がありがちなんやけど(笑)こちらもそんな感じ(^o^)

お品書きは↓↓

P6014984

最初のセッティング

P6014989

P6014992

前日の味が忘れられず、再度イサキ注文(^^ゞ
美味美味~(*^。^*)

P6014988

時魚カルパッチョ

P6014995

真鯛若狭焼

P6014993

梅鶏の南高梅煮

P6014994

穴子とナスの挟み揚げ

P6014997

どれもうまうま~~(*^。^*)

お鍋は豚しゃぶ

P6014990

P6014999

釜炊きご飯は十五穀米(^o^)

P6015003

毎度ながらデザートもぺろり(^_^;)

P6015004

あああ~…太る~~(^◇^;)
でもでも美味しかったよん(^_^)v
ごちそうさま~(^.^)

そして翌日の朝食(^^ゞ
ハーフバイキング部分は同じやけど、お膳の内容は違ってるよん

P6025012

P6025015

パンは止めて、少しでも炭水化物摂取量を減らそうと…(←焼け石に水??(^_^;))

P6025016

湯豆腐も具材違い(^.^)

P6025017

ごちそうさまでしたん(*^。^*)

平日だったんで、宿泊費は1人1泊ジャスト1万円(入湯税別)、これでこの食事とヌルトロ湯が楽しめたんで大満足(^o^)
(宿泊者専用の入浴時間帯に源泉湯の掛け流しが止まらなければなおよし、っす(^^ゞ)
また季節を変えて行きたいお宿でした(^_-)-☆


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→リヴァージュ・スパひきがわ 渚の湯
楽天トラベルはこちら
↓↓

日置川温泉・リヴァージュ・スパひきがわ~PH10超えのヌルトロ湯♪・その1

訪問時期→2017年6月上旬

和歌山県・白浜温泉からちょい足を伸ばせば、泉質の違う温泉が色々と(^_^)v
この日置川(ひきがわ)温泉は、前回記事にした椿温泉とはまた違う、アルカリ性単純温泉、一番の特徴はPH10超えのヌルトロ湯なこと(^o^)
お宿は、日帰り温泉も兼ねた「リヴァージュ・スパひきがわ」さん、まずは施設&温泉編から…

お宿外観・道路側

P6014754

海側から

P6014788

志原海岸沿いに立つロケーションも魅力(*^。^*)
海を眺めながらの足湯もあるよん

P6025021

んでは…中に入ってロビー周辺

P5314715

P5314624

客室は2、3階で部屋数は20室、和室と洋室(ツイン)あり
禁煙フロアが3階だよん
σ(^_^)達は禁煙ツインで予約、広さは32㎡

P5314629

P5314630

机の上に電気ケトル
あと、こんなのも(^o^)

P5314650

ちょっとしたことでも和むよねん(^_-)-☆
窓からの景色は…

P5314633

晴れてると…

P6014725

印象が全然違う(笑)
やっぱ天気は重要やんな(^^ゞ

水回りは完全セパレートでお風呂も大きめ&洗い場あり

P5314637

P5314639

P5314640

P5314638

バスタオル&タオルは部屋から持って行って使用
時節柄羽織りものはなかったけど、σ(^_^)達的にはあってもよかったかな?

P5314642

冷水&お茶菓子もあり(^.^)
冷蔵庫は空だったよん

P5314634

P5314635

館内見取り図

P5314644

ではでは…早速2階の大浴場へ
エレベーター前の休憩スペース

P5314651

宿泊者と日帰りのお客さんとは、大浴場を挟んで入り口が反対
入り口付近には…

P6025008

P6025009

P6025010

こういうサービスは嬉しいよねん
休憩スペースはこんな感じ

P5314652

反対側には軽食コーナー

P6014741

営業時間は11時ぐらいからやったかな?
基本日帰りのお客さんに合わせてる感じ
写ってないけど(^◇^;)、アイスや牛乳類などの定番飲料も販売してるよん(^.^)
ちなみに1階にもレストランがあって、そちらでもお昼ご飯が食べられる仕組み
σ(^_^)達の食事もそちらで

水素水も200円で販売中(飲まんかったけど(^^ゞ)

P5314653

脱衣スペースは広々(^o^)

P5314719

P5314691

温泉分析表とか

P5314655

P5314657

情報が分かりやすく提示されているのはいいよねん
浴室の入り口付近には…

P5314722

σ(^_^)達の宿泊は平日だったんでそうでもなかったけど、かなり人気のある施設みたいなんで、休日は混むんだろうし、色々あるんじゃないかと想像(^_^;)

以下浴室内は、お宿の方の許可を得て撮影してます(^_^)v

P6014731

源泉使用&リピート掛け流しの薬草湯

P5314676

手前が備長炭、奥がヨモギだよん
こちらは備長炭

P5314658

P5314660

湯口からはこんな感じでお湯が(ヨモギ湯)

P5314683

お湯の中には白い湯の華(^.^)

P5314664

この薬草湯、備長炭が推定32度ぐらいで、ヨモギ湯が38度ぐらい?と、ぬる湯好きにはパラダイス(≧∀≦)
交互に入ると丁度いいし、源泉湯の方が、地元の常連と思われる方達の社交場になっていることも多かった(笑)のに対し、こちらはほぼいつも空いていたこともあって、滞在中はもっぱらこちらに入り浸ってたよん(^o^)

その他の浴槽はこんな感じ
大浴槽

P5314677

大浴槽と源泉湯

P5314687

左側が源泉湯
ただひとつ、めちゃ残念だったのは…

P5314721

左側湯口に注目
宿泊者のみの時間帯になると、こんな風に源泉湯の掛け流しが止まってしまうこと(>_<)
うう…せっかくゆっくりと味わえるチャンスやのに~…
平日で宿泊客が少なかったんで、満室とかだと違うのかも知れんけど、これにはちょいがっかりやった
まぁ、薬草湯の方には定期的に(30秒?…1分間隔ぐらい?)お湯が入ってくるんで、こっちに入ってればいっか~…てな感じやったけどな

あと、日帰り温泉の営業時間(木曜日だけ午後3時、あとは午前11時始まり)からして、お湯の総入れ替えをするのが木曜日なんだろうなぁ、と
流石地元の方はよく分かってらして、1泊目(水曜日)より2泊目の方が、夕方の日帰り客の方達が多かったよん(笑)

浴槽の紹介に戻って…足つぼ湯

P5314665

水風呂と気泡風呂

P5314684

写ってないけど、この右側にサウナがあるよん
に、しても…この2枚、どちらも薬草湯に浸かりながら撮ってるがな(^^ゞ
どんだけ入ってたねん~(笑)

露天風呂はこんな感じ(^.^)

P5314670

P5314671

P5314666

P5314673

P5314667

循環と併用&塩素消毒ありやけど、ほとんどその臭いはせず、潮風に吹かれながらの湯浴みはなかなかグー(^-^)g""やった(^_^)v

とは言え、やっぱMy一押しは薬草湯かなぁ~(笑)
タイトルどおり、PH10.1のヌルトロ感と湯の華、湯口に鼻を近づけると、微かに温泉臭(硫化水素?)も感じられて、何より超ぬる湯~!!(^o^)
交互に入るとちゃんと温まるし、隣同士なんで移動も楽やし(笑)
あ~極楽極楽(^_^)v
(結局大浴槽には入らずじまいやった…(^◇^;))

…ということで、食事編は改めて(^.^)


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→リヴァージュ・スパひきがわ 渚の湯
楽天トラベルはこちら
↓↓

プロフィール
南まさと

「不満たらたらのアリより幸せなキリギリスでいたい」がモットー(笑)のアラフィフ女っす
色々とマニアック&多趣味??かなぁ・・(;^_^A
お宿色々♪
ギャラリー
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
楽しいサイトがいっぱい♪♪
広告貼ってみた(^_^)v


記事検索
温泉宿の検索に…


livedoor 天気