2013年→突然温泉めぐりに目覚める(笑)
時間とお金の許す限り、全国各地の温泉地を訪れたいっ!!
2017年→早期退職する(^^ゞ
お金はなくても(^◇^;)やっぱり旅行したいっ!!
そんなお気楽人間の夫婦旅記録、主に備忘録代わりなので写真多しです。

訪れた場所・施設等の詳細は「4トラベル旅行記ページ」にて公開中。
あ、ブログタイトルは是非とも時代劇調(ナレーションは熊倉一雄氏)で音読よろしくです(^_-)-☆

鳥取県の温泉

岩井温泉・岩井屋~民芸家具がお洒落な源泉掛け流しのお宿・その2

訪問時期→2016年7月上旬

その1・施設編は→こちら

さて、続いては温泉編(^o^)
大浴場は「源泉長寿の湯」「祝いの湯」の2つで、時間による男女入れ替え制
まずは「源泉長寿の湯」から

P1000139

湯上がりのお茶も(*^。^*)

P1000140

P1000143

P1000153

飲泉も可能(*^。^*)

P1000154

P1000157

P1000158

真ん中のところは胸まで浸かる深い浴槽
でもって、そこに敷いた松板の下から湧き出る源泉をそのまま使用しているとのこと(^o^)

P1000142

こんな感じ(^o^)
内装もお洒落な感じやし、天井も高くて気持ちいい(^o^)

P1000160

P1000161

続いては露天風呂
「源泉長寿の湯」と同じ敷地内だよん(^_^)v
温泉分析書とか(撮れてないけど(^_^;)「源泉長寿の湯」にも、同様のものあり(^.^)

P1000148

P1000149

P1000152

P1000147

反対側から(^.^)

P1000150

そして「祝いの湯」

P1000230

P1000234

P1000251

温泉分析書

P1000231

泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

P1000232

こちらも浴室内は風情あり(^.^)

P1000235

P1000237

P1000241

P1000250

P1000239

あと、予約不要の貸切風呂もあり(*^。^*)

P1000136

P1000138

P1000137

ぬる湯好きのσ(^_^)達にはちょい熱めだったけど、さっぱりとして気持ちのいいお湯だったよん(^_^)v

んでは最後に食事編
…と言っても、何分1年前のことなんで、細かいことはすっかり忘れてしまっているので(^◇^;)、写真のみでご容赦のほど(^^ゞ
まずは夕食から
ちなみに朝夕共に部屋食で、お品書きはなし
最初のセッティング

P1000181

P1000185

P1000189

P1000186

P1000192

どれも彩りが綺麗で、見た目も楽しませてくれたよん(^_^)v
もちろんお味もグー(^-^)g""

そして、この時期ならではの岩ガキも(*^。^*)

P1000193

P1000194

P1000196

プリップリでうまうま~(≧▽≦)

P1000199

P1000201

P1000203

P1000204

P1000202

P1000206

ふ~~満足満足♪♪
そしてお布団敷きの時には新しい浴衣と…

P1000209

新しいお茶菓子

P1000213

テーブルの隅の籐かごの中には…

P1000212

胃薬が(*^。^*)

P1000215

てか、食べ過ぎるのは毎度のことやけどな…(^^ゞ

朝食は…

P1000252

P1000253

P1000254

P1000256

P1000255

シンプルかつ必要十分、きちんと手もかかっていて美味しかったよん(^_^)v

…ということで
接客も気持ちよく、掛け流しの温泉はもちろん、館内の雰囲気や食事も全て楽しめる、いいお宿でしたん(^_-)-☆


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→岩井温泉 岩井屋
楽天トラベルはこちら
↓↓


2017.8.12現在、料金体系変更中のため、予約はお宿への電話のみとなっているようです
ご注意下さいねん(^.^)


岩井温泉・岩井屋~民芸家具がお洒落な源泉掛け流しのお宿・その1

訪問時期→2016年7月上旬

温泉地の多い鳥取県の中でも、こちら岩井温泉は、「湯かむり」という独特の風習があることで知られるところ
小規模な温泉地で、それぞれに趣のある3つのお宿があって、この「岩井屋」さんは「日本秘湯を守る会」の会員宿にもなってるよん(*^。^*)

んでは、まずは施設からご紹介(^.^)
外観は風情ある3階建て

P1000098

P1000120

夜の雰囲気もいいよねん(*^。^*)

P1000221

民芸家具が置かれた館内も雰囲気たっぷり(*^。^*)

P1000094

P1000095

P1000096

P1000131

P1000132

P1000168

P1000134

P1000163

そこここにあしらわれた生花&小物のコラボや、ライティングの演出も素敵(*^。^*)

P1000085

P1000217

P1000086

P1000090

P1000226

P1000127

P1000091

P1000092

P1000224

部屋は3階のトイレ付き和室「ゆり」
全て階段での上り下りだよん

落ち着く空間(^.^)

P1000062

P1000063

P1000064

P1000061

P1000060

P1000128

P1000084

通りに面しているので、窓からの景色は…

P1000179

P1000180

こんな感じ
右の3階建ては、同じ旅館の「明石家」さんだよん(^.^)
あ、写真撮ってないけど(^_^;)、クローゼット下に浴衣&バスタオル等一式入った籠あり(^.^)

冷蔵庫&ポットは部屋の外に

P1000074_1

写ってないけど(^_^;)奥に冷水もあるよん(^o^)

P1000072

P1000076

…てことで、毎度(^^ゞちょっと長くなったんで、温泉&食事は改めて…(^_^)v


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→岩井温泉 岩井屋
楽天トラベルはこちら
↓↓


2017.8.12現在、料金体系変更中のため、予約はお宿への電話のみとなっているようです
ご注意下さいねん(^.^)

はわい温泉・翠泉~24時間源泉掛け流しが楽しめる小宿(鳥取県)

訪問時期→2017年6月下旬

…なんか湖づいてるけど(笑)、前回の琵琶湖に続いて、今回は鳥取県の東郷湖畔にあるお宿だよん(^_^)v
このはわい温泉、大型旅館が多くて、特に有名なところに以前泊まったことがあるんやけど、その時の感想が、泉質は好みなのに料理がなぁ…だったもんで、再訪するのに二の足を踏んでたんだよねん(^_^;)
→当時の宿泊記は「こちら

でも、今回、σ(^_^)好みの小宿があることを知り、夫の肋骨骨折も順調に良くなってきてるのを幸い、ちょこっと出かけてきたという訳で(*^。^*)
(あ、ちょこっと言うても、旅費節約のために、前回と違って高速バスを利用したんで、移動時の待ち時間を含めると片道6時間の長旅やったけどな(笑))

んでは、まずは施設&部屋編
事前連絡で倉吉駅までお迎えに来てくれるよん

P6286037

写真は送っていただいた時のもの
部屋数は全部で5室(*^。^*)

P6286032

すぐ隣は東郷湖(^o^)

P6286034

ロビーの床は、綺麗にワックスがけされていてピカピカ~(^.^)

P6275896

P6275895

P6275893

ここだけでなく、館内はどこも掃除が行き届いていたよん(^o^)
ちょっとは見習わないとなぁ…(^_^;)>自宅

P6275975

部屋は1階のトイレ付き和室

P6275871

P6275872

もちろんレイクビュー(*^。^*)

P6275886

P6275876

写真では距離があるように見えるけど、実際はかなり近いよん
なので(ほとんど風のない日やったけど)耳を澄ませば波音も(*^。^*)
庭も綺麗に手入れされてて気持ちいい

テーブルにはお茶菓子とお湯ポット、もちろん冷水もあり

P6275881

P6275882

P6275888

洗面はコンパクトに

P6275880

WiFiもフリーだよん(^_^)v

P6275891

P6275887

で。
平日だったので、なんと宿泊はσ(^_^)達だけとのこと
なので、好きなときに入って下さいね、と
お宿には申し訳ないけど、温泉ひとりじめで嬉しい~(≧∀≦)
しかも、ぬる湯好きのσ(^_^)達の希望を聞いて、源泉注入量を調節して下さったので、超適温で快適快適(*^。^*)

…ということで、早速お風呂編に(^o^)

P6275899

P6275900

他のお客さんがいらっしゃる時は、こちらが女湯になるんだろうな、と
この日は写真のとおり、掛けられた札で知らせる仕組み
ちなみに男湯の方はお湯を張ってなかったんだと思う
貴重な温泉、節約も大事だよねん(^.^)

手前には…

P6275898

P6275968

P6275967

あると嬉しい冷水サービス(^o^)
脱衣所も綺麗にお掃除が(^.^)

P6275906

手前にはトイレもあり

P6275909

P6275907

温泉分析書

P6275902

P6275903

こちらは部屋にあったもの

P6275976

んでは…いざ!!

P6275910

P6275911

広さは、女性で他人同士の場合3人まで、というところ
もちろん1人だと広々~~\(^O^)/
σ(^_^)達のためにかなり湯量を絞ってくれてるけど、ちゃんとオーバーフロー中(^o^)

P6275922

P6275912

P6275916

露天は…

P6275918

P6275919

P6275920

P6275935

夫婦2人でゆったり…なサイズ(^.^)
聞こえるのは鳥の声と波音だけ…

P6275937

ああ~~…極楽極楽(*^。^*)
こちらも湯量を絞ってもらったおかげで、内湯よりも更にぬる湯でパラダイス(笑)
(ちなみに、朝入ろうとすると全開にして下さっていて、温度が下がりすぎることもなし…ありがとうございます)

P6275923

夜はこんな感じ

P6276014

P6276018

無色透明で、クセのないお湯、人によっては物足りないと思うかもだけど、上がった後の肌がすべすべになるんで、σ(^_^)的には大好きな温泉(^o^)
おかげさまで都合6回入浴して堪能(^_^)v

最後は食事編
朝夕とも別室で、お品書きはなし
まずは夕食
最初のセッティング

P6275978

食事は一品ずつ(^.^)

P6275983

カボチャのスープ、湯葉刺し、鯛の塩辛
お造りは…

P6275989

新鮮で脂ノリノリ…でも全然くどくない(^_^)v
きちんと手もかかってるし、たまに遭遇する、冷蔵庫でずっと冷やしてました感もなし(^o^)
ああそれなのに…ちゃんと説明してくれたにもかかわらず、美味しい美味しいでペロリの挙げ句、魚の名前を忘れても~た(^_^;)
とりあえず、手前左はトビウオだよん(^^ゞ

定番茶碗蒸し

P6275988

山陰の初夏~夏の名物、岩牡蠣(*^。^*)
大きいよん~(^o^)

P6275993

P6275994

P6275994

プリップリ~で中はとろ~り(*^。^*)
ウナギの焼き加減も絶妙~(^_^)v

P6275996

アナゴと季節野菜の揚げだし

P6276000

ウナギと(似たようなのが)重なってしまって…と仰ってたけど、どちらも好きなんで無問題(笑)
お鍋の鳥つみれは軟骨入り

P6275982

聞けば、お宿ではなく、業者さんに頼んで作って貰ってるとのことだったけど、いわゆる出来合いくささはほとんどなく、コリコリ軟骨がいいアクセントになってたよん(^.^)

P6276003

水菓子はスイカ(^.^)

P6276006

朝食は…

P6286023

定番エテカレイ(^.^)

P6286026

やっぱりだし巻きはいいよねん(^_-)-☆

P6286027

お味噌汁にはもちろん…

P6286029

東郷湖の名物、シジミ入り

P6286030

朝風呂に入ってたら、7時になった途端、十数隻のボートが、一斉に湖を疾走していったんやけど、それがシジミ取りの船なんだとか
若女将さん曰く、「シジミボートレース」だそうで(笑)
毎年取る区域を変えて、貴重な資源を保護しているとのこと

オーソドックスなお料理ながら、ちゃんと手も掛けていて、量もσ(^_^)達には適量、おかげで美味しくいただきましたん(^_^)v
ごちそうさまでした(^_-)-☆

…ということで

部屋にあった、↓↓

P6275977

に書いてあるとおり、大勢で、また友達同士わいわい楽しむのには向かないと思うけど、少人数で穏やかな時間を過ごしたい…という時にはもってこいのお宿なんじゃないかと思うよん(^_^)v


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


お宿の公式サイトはこちら→はわい温泉 翠泉
楽天トラベルはこちら
↓↓

プロフィール
南まさと

「不満たらたらのアリより幸せなキリギリスでいたい」がモットー(笑)のアラフィフ女っす
色々とマニアック&多趣味??かなぁ・・(;^_^A
お宿色々♪
ギャラリー
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
  • 至宝VS国宝
楽しいサイトがいっぱい♪♪
広告貼ってみた(^_^)v


記事検索
温泉宿の検索に…


livedoor 天気