2013年→突然温泉めぐりに目覚める(笑)
時間とお金の許す限り、全国各地の温泉地を訪れたいっ!!
2017年→早期退職する(^^ゞ
お金はなくても(^◇^;)やっぱり旅行したいっ!!
そんなお気楽人間の夫婦旅記録、主に備忘録代わりなので写真多しです。

訪れた場所・施設等の詳細は「4トラベル旅行記ページ」にて公開中。
あ、ブログタイトルは是非とも時代劇調(ナレーションは熊倉一雄氏)で音読よろしくです(^_-)-☆

日本秘湯を守る会

壁湯温泉・福元屋~泡付きありの極温湯が楽しめる洞窟風呂・その2

訪問日時→2017年9月上旬

その1は→こちら

さてさて。
お次は温泉編…ということで、まずはお宿名物の洞窟風呂へ(*^。^*)

P9091090

P9080977

混浴なので、女性は手前の小屋で…

P9080979

湯浴み着に着替えを(*^。^*)
ちなみにここには、女性専用の岩風呂もあり

P9080980

ちょっと覗いてみると…

P9080983

P9080987

階段下のそこは、まさに洞窟って感じで、夜一人で入るのはちょっと怖いかも…(^_^;)
フラッシュ撮影すると…

P9080984

こんな感じ(^.^)
混浴の洞窟風呂よりは温かいんで、湯浴み着を脱いでから上がり湯として入るのには丁度いいよん(^.^)
(ちなみに、脱いだ湯浴み着を入れる専用カゴもここにあり(^_^)v)

…と、こちらを先に紹介してもうたけど(^^ゞ、いよいよ本来の洞窟風呂へ
階段を下って…

P9080978

下りたところで振り返ってパチリ

P9091096

横は川(*^。^*)

P9080991

P9080992

温泉分析書

P9091095

そして手前には、源泉水を汲める場所が(^.^)

P9091097

こちらは日帰り入浴も受け付けてらっしゃるんで、地元?の方達が、ポリタンクを持って入浴に来られてたよん(^.^)
 
…んでは…いざ、入浴(^o^)

P9091116

P9091118

…って…
これだけでは、イマイチ何のこっちゃ分からないと思うんで(笑)毎度ながらモデル登場で(爆)

P9091133

こんな感じだよん(^o^)
最初に見た時は、(想像より)え??狭っ!?と思ったけど(洞窟、という言葉のイメージから、もっと奥行きがあるんだと思ってたので…)、実際はそんなには狭くはないんで、洞窟やなくて、岩盤くりぬき風呂、みたいなもん…と思ったら、(個人的には)一番しっくりくるかな?(^^ゞ

ちなみに、お湯は夫のいる後ろ辺りとか、隣の奥とかの岩の間から湧いているらしい(^.^)
んでも、夫に聞いても「(湧いてる感覚は)よ~分からん??」とのこと
けど、新鮮な証拠(だと思う)に、入ってると数分でびっしり泡付きするよん(^.^)
そうそう…湯温は良くて37度ぐらいあるかどうか??かなぁ…
温湯好きのσ(^_^)達でも「温い」と感じる(笑)超ぬる湯だよん(^_^)v
あと、足下は…

P9091128

P9091130

こんな風なゴロ石(岩??)と砂
夫の入ってる辺りは、深さもあって、立ち湯か中腰状態になるはずなんやけど、日帰り入浴のみなさん(きっと常連さん達)は、それぞれ思い思いの場所で微動だにせず、何やら瞑想にふけっているような(笑)雰囲気だったよん(^o^)

んでは…湯船の中からあちこちを(^.^)

P9091099

P9091098

P9091125

奥に見えるのは男性用の脱衣スペース

P9091114

P9091136

洞窟に向かい合うと、頭上の岩には、地蔵菩薩と「南六(無)阿弥陀仏」の文字

P9091132

再度向きを変えて川側を

P9091105

「蛍見の湯」というのは、川に下りたところにある、1人専用(せいぜい2人…)の露天風呂で、ここより更に温いとのこと(夫談)

再び洞窟を眺めて…

P9091134

最低半刻(1時間)は入らないと…ということだったんで、2人して1時間15分、1時間×2、と3回も入浴(^o^)
個人的に冬場は無理やけど、夏にはうってつけの温泉やと思う(^_^)v

でもって、夜に入浴した時の写真がこちら↓↓

P9081075

P9081038

P9081066

P9081061

路上にあるのは、σ(^_^;のタオル袋(^◇^;)
こんなに目立ってしまうとは~……(^_^;)

P9081062

P9081058

P9081048

P9081047

地蔵菩薩様は…

P9081063

……やっぱ夜は一人では来られないかも(^_^;)
もっとも、こちらの洞窟風呂は確か夜は11時までだったかな(^^ゞ

対して、女性専用の岩風呂は24時間入浴OK(^_^)v

P9081068



P9081069

…って……やっぱ夜は遠慮する…わ(^_^;)

さて。
こちらのお宿には貸切風呂も2つあるので、身体や頭はこちらで洗えばOK(^_^)v
まずは館内にあるお風呂の方から

P9081087

P9081076

P9081077

P9081078

P9081086

P9081082

P9081085

加温しているためか、引き湯だからか、泡付きはなしやけど、何とも雰囲気のあるお風呂だよねん(^.^)

そしてもう1つの家族風呂は宿の外に
利用する際は、フロントで鍵をもらって…

P9091147

この道をまっすぐ下りると共同湯なんやけど、家族風呂は手前右に

P9091149

P9091150

P9091151

P9091158

P9091159

P9091153

P9091152

わ~~!!こちらも何とも趣あるぅ(^o^)
もちろん洗い場もバッチリ(^.^)

P9091154

P9091156

P9091160

P9091163

気持ちのいい朝の光の中で…(*^。^*)
…てなワケで…毎度のお約束(笑)

P9091161

はい…どうもお目汚し失礼しやした…(^^ゞ


…ということで(*^。^*)


ちょこっとどうよ!?的部分もあったけど、それでも食事はかなり美味しいし(^.^)、名物の洞窟風呂が珍しくて、結果的には楽しいお宿でしたん(^_^)v


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋
楽天トラベルはこちら
↓↓





壁湯温泉・福元屋~泡付きありの極温湯が楽しめる洞窟風呂・その1

訪問日時→2017年9月上旬

秘湯ツアー2日目の泊まりはこちらのお宿♪♪
いつも通り、まずは施設編から(^.^)
駐車場からは結構長い階段を下って…

P9080927

P9080928

ちょっと登って…
(来た道を振り返っての1枚)

P9080936

到着(^.^)

P9080937

お帳場の辺りとか…

P9080938

P9080939

P9080976

P9080974

P9080975

雰囲気ある館内は、廊下も…

P9080940

このとおり(^.^)

部屋は洗面・トイレ付きの和室「湧出(わいた)」(^_^)v
名前も洒落ててグー(^-^)g""

P9080959



P9080943

P9080944

P9080947

P9080946

部屋置きのインフォメーションから…

P9080963

P9080966

P9080965

お茶セット
ポットは昔ながらの魔法瓶型(^.^)

P9080950

お茶菓子の代わりはマーマレード(^.^)
緑茶にも合う~~(*^。^*)
湯巡りで(笑)疲れた身には、この甘酸っぱさが嬉しかったよん(^o^)

P9080949

必要なものはクローゼットの中に

P9080956

左側は、混浴の洞窟風呂用湯浴み着
無料で貸し出してくれるよん(^.^)

P9080957

お風呂セット(笑)を入れる袋も、不織布のトート型で可愛いし重宝(*^。^*)

P9080967

洗面&トイレ
もちろんウォシュレットだよん(^.^)

P9080951

P9080953

さてさて、続いては食事編(^.^)
専用の食事処で…

P9081004

お品書きあり

P9081016

献立はほぼ固定だと思うんで、不必要な箇所はホワイトで消した方がいいかも…(老婆心(^_^;))
給仕は、館主ご夫妻とお手伝いのおばちゃん
おばあちゃん、ていう年齢なんやけど、見た目若いよん(^.^)
きっと、壁湯のお湯のおかげかもねん…??
…ちょっと旅館らしからぬ接客方法が??だったけど(^◇^;)(←何度も書きたくないんで(笑)、ご覧になりたい方はこちらをどうぞ…)、料理は素朴な田舎風+αのセンスがグー(^-^)g""、どれも手作りで美味しかったよん(^_^)v

最初のセッティング

P9081006

P9081014

P9081007

定番の馬刺しもうまうま~(*^。^*)

P9081011

お刺身コンニャク(^.^)

P9081015

山芋の茶碗蒸し…だったかな??(既に記憶が…(^◇^;))

P9081010

P9081018

P9081020

左下はイチジク(^.^)

P9081021

P9081026

P9081008

P9081028

ご飯はお櫃で(*^。^*)

P9081029

高菜漬けもグー(^-^)g""

P9081030

お代わり勧めてくれたけど…お腹いっぱいで食べられへん…(^◇^;)(←毎度食べ過ぎ…

デザートのヨーグルトも自家製とのこと(*^。^*)

P9081032

食後、お布団のひかれた部屋には…

P9081033

温泉水も(*^。^*)

P9081034

美味しくいただいたよん(^_^)v

そして朝食は…

P9091142

見た目も可愛く籠の中に(*^。^*)

P9091139

P9091140

籠上は生卵なんでTKGに(*^。^*)

P9091141

P9091144

ごちそうさまでしたん(^_-)-☆

…という訳で(^^ゞ
名物の洞窟風呂は後ほど…


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋
楽天トラベルはこちら
↓↓





寒の地獄温泉・寒の地獄旅館~夏季限定 修行もできる!?オンリーワン温泉・その2

訪問日時→2017年9月上旬

その1は→こちら

さてさて、次はいよいよ温泉編(^.^)
この「寒の地獄温泉」は、夏季限定で、文字どおり「寒の地獄」が体験できる(笑)オンリーワンの施設(^o^)
宿泊の場合は、部屋で水着に着替えて、上から浴衣を羽織ってくるのが一番いいですよ、とのことなので、まずはその通りに
脱衣所で浴衣を脱いで…

P9070474

その場にあった案内を読み(^o^)

P9070475

いざ、入室(^_^)v

P9070476

写真奥は着替えスペース
手前は飲泉所

P9070484

P9070485

P9070487

ジャージャーという感じで勢いよく♪♪
クセもなくて飲みやすかったんでごくごくと(笑)
結果、旅行に出ると滞りがちになる(^^ゞMyお腹にとってはめちゃグー(^-^)g""やった(^_^)v

そしてこの飲泉所の向こうには…

P9070504

大きな浴槽が左右に2つ

P9070477

P9070479

前には神棚??お社??っぽいスペース

P9070482

P9070489

中央には…

P9070481

これって、「勝ってくるぞと勇ましく…」ってやつの替え歌だよねん??
もっとも、元歌は↑↑ここの部分しか知らんので(笑)ちょい調べたら、うわぁ…2度とこんなのが歌われる世の中にしたらいかんがな…っていう歌詞やった(^◇^;)
けど、もちろんこっちは全然OK(^_-)-☆

でもって温泉分析表(^.^)

P9070488

ということで…いよいよ覚悟を決めて足を入れると…

うひゃあ…!!

無意識のうちに、思わず変な声が(笑)
とにかく尋常やなく冷たいっっ!!カタカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタカタ
けど、できれば一気に肩まで浸かった方が入りやすいとのこと
それに、ここで諦めたら女が廃る(笑)
…という訳で、お宿の方に教えていただいた、両手をクロスして反対の脇下に入れるポーズを取り、覚悟を決めて(^o^)気合いと根性で入ったよん(^_^)v

いやも~…その冷たさたるや、まるで何かの修行をしている雰囲気(笑)
なんか、心頭滅却すれば、冷泉もまた温し、って、心の中でエンドレス唱えまくってます、みたいな感じ??(^_^;)
ちなみに、同じツアーの方は「何かの罰ゲームみたい…」と仰って、早々に切り上げてらしたりも…(^◇^;)

んが…!!
毎年通ってらっしゃるという、常連の方達2人(女性)は、中でストレッチしたりと自由自在(((( ;゚д゚)))
冷泉から出たら、その倍の時間暖を取るのがコツだそうで、まさに張り紙に書いてあったとおりみたい
そのうちのお一人は、アトピー体質だそうで、ここで湯治している間に、(湿疹が)一気に出つくすんだそう
「デトックスには最適だと思う」と仰ってたよん(^.^)
実際、お二人とも綺麗な肌をされてたんで、まさにここの冷泉浴のおかげかもねん(^_-)-☆
そうそう…この冷泉自体も、しっかりたまご臭+白い無数の湯の花で、雰囲気もバッチリだったよん(^_^)v

…とか何とかお話させていただきつつ、頑張って15分ぐらい入浴(^_^)v
途中からは手もほどいて、水中であちこち動かしてみたりもできるように(^o^)
片や我が夫…あひゃ!!とか、ひえぇ!!とか言いつつ、膝ぐらいまでを浸けたり上げたりを繰り返した挙げ句、やっとのことで20秒ぐらい?入ったものの、それ以上辛抱できず(笑)ソッコー退散(^∀^)
なかなかの見物やった(^o^)(←鬼??)

で、修行が終わって出た後は…

P9070490

別室の暖房室(左)でしっかり暖を
他に人もいらしたんで、残念ながら写真はないけど、中央にはガンガン熱気を出してるボイラーがあって、そこで身体を炙りながら復活を待つ、みたいな感じ(^.^)
ちなみに右の部屋はこんな風…

P9070496

壁一面の落書きは、この辺りの高校生らしい(笑)
常連さんによると、ここ一帯は、駅伝やマラソンのルートになってるんで、それ関係の運動部の学生さん達の合宿なんかも多いんだそうで、その場合はアイシング目的で足浴だけするとかみたい
それにしても……
…青春やな……(遠い目…(^◇^;))

P9070497

P9070495

ともあれ、こっちも暖房室と同じような造りなんやけど、奥に五右衛門風呂が2つあって、冷泉浴が短時間の場合は、ここで暖まっただけでもOKみたいな感じかな(^.^)
(なお、しっかり入った場合は、ちゃんと暖房室で暖まらないと冷えたままだよん(^◇^;)
σ(^_^)は15分、10分、5分…ぐらいの3度冷泉に浸かって、それぞれ5~10分程度暖を取ったけど、食事の途中まで冷えたままやった(笑)
やっぱり浸かった倍の時間は暖まった方がいいみたい…もしまた、個人で湯治に来ることがあったら、その方法で再チャレンジしてみたいなぁ(^^ゞ)

…つ~ことで、めったにない珍しい体験ができたんやけど(*^。^*)、もちろん普通のお風呂もあるワケで…(笑)夕食後からはそちらを
確か6時から22時まで…だったかな??

夜の温泉棟は雰囲気もグー(^-^)g""

P9070544

P9070545

P9070547

P9070548

壁に掛けられていた色々…

P9070549

P9070550

P9070551

P9070552

P9070553

浴室は…

P9070554

P9070555

P9070556

P9070560

こっちが冷泉槽

P9070557

「ちょっとぬるめの」って書いてあるけど、実際は上の冷泉浴場と全く同じで(笑)めちゃ冷たいよん
…なので、夏場以外は、こちらで交互浴が可能(^_^)v

入浴後、温泉棟の方から宿泊棟を

P9070566

こっちの雰囲気もグー(^-^)g""

そして翌朝は、男女が反対に(*^。^*)

P9080617

P9080621

P9080618

P9080622

P9080631

P9080632

P9080624

P9080629

P9080628

造りは基本同じかな(*^。^*)
そうそう…冷泉の湯の花は…

P9080636

こんな感じだよん(^_^)v

あと、大浴場とは別に貸切風呂もあり(*^。^*)
入り口の札を裏返して入浴するタイプ
入浴時間内なら、空いてればいつでも入浴できるよん

P9080619

以下、夜の写真しかなくて見づらいんやけど(^◇^;)岩湯

P9070580

P9070581

P9070582

P9070585

P9070584

P9070587

P9070586

切石湯

P9070588

P9070590

P9070593

P9070591

P9070594

P9070596

檜湯

P9070605

P9070606

P9070608

P9070611

P9070613

P9070612

どの浴室も綺麗に掃除されてて、気持ちいいお湯だったよん(*^。^*)

P9070600

…ということで(^.^)
食良し、お湯良し、イベント感もあり(^o^)の、楽しくて素敵なお宿でしたん(^_^)v


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→寒の地獄旅館
楽天トラベルはこちら
↓↓





プロフィール
南まさと

「不満たらたらのアリより幸せなキリギリスでいたい」がモットー(笑)のアラフィフ女っす
色々とマニアック&多趣味??かなぁ・・(;^_^A
お宿色々♪
ギャラリー
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
  • 湯河原温泉・オーベルジュ湯楽~和風オーベルジュで美味しいイタリアン
楽しいサイトがいっぱい♪♪
広告貼ってみた(^_^)v


カテゴリー
記事検索
温泉宿の検索に…


livedoor 天気