2013年→突然温泉めぐりに目覚める(笑)
時間とお金の許す限り、全国各地の温泉地を訪れたいっ!!
2017年→早期退職する(^^ゞ
時間だけはたっぷりあるし(笑)やっぱり旅行したいっ!!
そんなお気楽人間の夫婦旅記録、主に備忘録代わりなので写真多しです。

訪れた場所・施設等の詳細は「4トラベル旅行記ページ」にて公開中。
あ、ブログタイトルは是非とも時代劇調(ナレーションは芥川隆行氏か熊倉一雄氏(笑))で音読よろしくです(^_-)-☆

源泉掛け流し

登別温泉・滝乃家~老舗旅館で絶景掛け流し露天(^.^)・その1(部屋編)

宿泊時期→2018年6月中旬

さて。
登別温泉最後のお宿は、「滝乃家」さん(^.^)
前日に泊まった「旅亭花ゆら」さんとは、ほぼお隣同士のお宿だよん(^.^)
まずは外観から(*^。^*)

P6130756

写真向かって右が「旅亭花ゆら」さん、左が「滝乃家」さん(*^。^*)

P6130769

P6130764

P6130761

P6141332

ロビー(^.^)
(写真は夜撮ったもの)

P6131289

チェックインはラウンジで、新緑の庭を眺めつつお抹茶&お菓子をいただきながら(*^。^*)

P6131016

P6131011

P6131010

P6131013

ちなみに夜はこんな感じに(^.^)

P6131298

P6131299

P6131301

σ(^_^)達の部屋は4階の「松風」

P6131215

P6131218

掘り炬燵付き(と言っても、この時はもう片付けられてたけど(笑))和室だよん(^_^)v

P6131041

P6131035

P6131037

P6131036

P6131033

P6131029

P6131047

P6131088

P6131221

P6131060

P6131053

P6131048



P6131071

P6131073

冷蔵庫の中にはフリーの飲み物(^.^)

P6131050

鍵は2つだよん(^_^)v

P6131051

浴衣等はクローゼットの中に

P6131076

この浴衣がめちゃ糊が効いてパリッとしていて気持ちいい~(*^。^*)
写真だと色がイマイチ出てないけど(^_^;)、羽織も綺麗な色(女性は淡いサーモンピンク、男性用は薄グレー(^.^))だよん(^.^)

隣には金庫やサイズ違いの浴衣、湯カゴもあり(^.^)

P6131080

洗面所はWシンク(*^。^*)

P6131055

P6131062

P6131064

P6131308

バスローブもあり(*^。^*)

P6131090

最後はトイレ(^.^)

P6131093

…ということで
部屋の展望風呂はまた後日(*^。^*)


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→登別温泉郷 滝乃家
一休.comはこちら
↓↓

登別温泉郷 滝乃家
楽天トラベルはこちら
↓↓



登別温泉・旅亭花ゆら~部屋露天のお湯は地獄谷が泉源(^.^)・その3(食事編)

宿泊時期→2018年6月中旬

その1は→こちら
その2は→こちら

それでは最後に「食事編」
今回σ(^_^)達が選択したのは、夕食の品数が通常より少なめの「旬の少量会席」、毎度食べ過ぎるんで(^◇^;)迷わずこのプランに(^^ゞ
んでは、まずはその夕食から
久々の?部屋食で、仲居さんが順次持ってきて下さるよん(^.^)
最初のセッティング

P6120669

お品書き(^.^)

P6120671

んでは順に…
前菜いろいろ(*^。^*)

P6120675

鮎並葛叩き(^.^)

P6120684

P6120685

お造りいろいろ(^.^)

P6120677

メインはお肉と鮑の選択制で、2人とも鮑に
新筍姿焼き蟹乗せ&鮑焼き…等々

P6120691

赤甘鯛貝仕立て

P6120682

お鍋投入時の写真が見当たらんので(^_^;)外側だけ(爆)

P6120681

いただく時は↓こんな感じ(^.^)↓

P6120688

槍烏賊&はたのバルサミコ焼き(^.^)

P6120693

蟹とイクラのおこわ&鯛押し寿司(^.^)

P6120697

P6120699

P6120698

若筍蒸し(^.^)

P6120695

デザート(^.^)

P6120703

期待したとおり、毎度食べ過ぎのσ(^_^)達(しつこい(^_^;))にはこれでも十分(^_^)v
ただ、個人的には、全体的に味がちょい散漫&メインが弱いなぁ…という印象も
ま、お肉を選んでたら、また感じが変わってたかもしれんのやけどな(^^ゞ
あ…けど、盛り付けは色々と工夫されてて楽しかったかな(^.^)
あと、お世話いただいた仲居さんが明るい方で、楽しくお話しできたのも良かったよん(*^。^*)

一方の朝食はお食事処で(^.^)

P6130712

係の方に案内されて席へ(^.^)

P6130713

食事はハーフバイキング形式で、基本の和定食(お盆内)↓↓に加えて…

P6130721

自分で好きなものをプラスする仕組み(^.^)

P6130732

P6130716

P6130733

海鮮丼コーナーもあるよん(*^。^*)

P6130735

P6130736

で、最終的にはこんな感じに(^^ゞ

P6130718

P6130724

P6130725

P6130727

P6130730

お魚は炙って…

P6130722

お鍋の中は豆乳湯豆腐(*^。^*)

P6130723

P6130738

チェックアウト10に対し、朝食時間が7時半or8時半で、後者を選んだσ(^_^)達はちょい慌ただしい食事になってしまったので、8時も選べたら良かったのにな、と
…つか、そもそも朝から食べ過ぎるのがいかんのかもやけど(^^ゞ
せっかく夕食を控えめにしたのにこれでは台無し…(爆)、んでも、どれも美味しくいただいたよん(*^。^*)

…ということで(^.^)
登別温泉の中では比較的リーズナブルに、部屋で掛け流しの濃い温泉露天が楽しめたのも良かったし、色々と便宜を図って下さったフロントの女性スタッフの方の対応も心に残る、なかなかにいいお宿でした(^_-)-☆


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→旅亭花ゆら
じゃらんはこちら
↓↓

旅亭花ゆら
楽天トラベルはこちら
↓↓



登別温泉・旅亭花ゆら~部屋露天のお湯は地獄谷が泉源(^.^)・その2(温泉編)

宿泊時期→2018年6月中旬

その1は→こちら

それでは続いて温泉編(^.^)
「旅亭花ゆら」さんでは、全37室のうち2/3以上の部屋に温泉が引かれていて、σ(^_^)達が宿泊したのもそのうちの一タイプ(*^。^*)
お風呂の場所は広縁の奥
位置関係はこんな感じ(^.^)

P6120504

手前にバスマットが敷かれているのが見えるよねん(^.^)
バスタオル等も

P6120534

ドアの前から(^.^)

P6120533

P6120535

洗い場もあり(^.^)

P6120546

シャワー付き(*^。^*)
加水もできるんでぬる湯好きにはありがたい(^o^)
自分好みの湯温にして、何度も楽しんだよん(^_^)v

P6120547

外側に面した方はこんな感じ(^.^)

P6120545

晴れてれば目隠し板の上は青空なんやけど、ずっと曇り&小雨模様だったんでご覧の通り真っ白状態(笑)

浴槽の大きさは1人用サイズ…広くはないけど、見ての通りいかにも登別らしい濃そうな温泉(*^。^*)

P6120543

もちろん掛け流し(^.^)(←状況によって、加水・加温の場合あり)

P6120540

泉源は地獄谷だよん(*^。^*)

部屋のインフォメーションには、泉源別の一覧表が(^_^)v

P6130705

こういう風にまとめて下さってると、めちゃ分かりやすくて好印象だよん(*^。^*)

「旅亭花ゆら」さんでは、館内通路を通って隣接の「雅亭」さんの大浴場も利用できるんで、全て入浴したら、ちょっとずつ違う泉質が楽しめるよねん(^_-)-☆
…とか言いつつ、面倒くさがりのσ(^_^)は、こちらの大浴場にしか入らんかってんけど(←ダメじゃん(^◇^;))、気に入って何度も入りに行った夫によると、広くてとても良かったとのこと(^.^)
こんな風にお手軽に湯めぐりできるのはいいよねん(^_-)-☆
(「雅亭」さんの公式サイトは→こちら

んでは、続いて2階にある「花ゆら」さんの大浴場を(^.^)

P6120569

廊下突き当たり右側が女性用
手前には…

P6120571

冷やした緑茶も(^.^)

P6120572

P6120573

P6120575

P6120576

P6120587

手前にはウォーターサーバー(^.^)

P6120586

奥の壁には、浴室内の見取り図
浴槽ごとの違いも書かれていて分かりやすい(^.^)

P6120578

隣には温泉分析書

P6120581

P6120582

泉質は…
地獄谷からの一号乙泉が、酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)
奥の湯(大湯沼)からの源泉が、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(硫化水素型)
お宿の真下にある泉源、子宝泉が、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
部屋の一覧表とちょい異なってるけど、あちらは分かりやすく表現したのかも?
何にせよ、ちょっとずつ成分が異なってるんだよねん…やっぱ温泉て不思議(^.^)
いずれも、状況により加水・加温ありの掛け流しだよん

タオル&バスタオルは備え付け(^_^)v

P6120590

内湯は…

P6120631

浴槽は3つ(^.^)

P6120645

P6120636

P6120637

こちらは同じ子宝泉でも…

P6120646

湯温も色も異なっていて、手前があつ湯で薄い青白色、向こうが適温湯で薄い緑白色

こちらはあつ湯側の湯口(^.^)

P6120647

そしてこちらは適温湯(^.^)

P6120662

なので当然ながらσ(^_^)は、こちらの適温側へ(*^。^*)

P6120648

P6120657

P6120654

あつ湯側を覗き込んでパチリ(笑)

P6120664

一方露天は…

P6120593

P6120595

P6120596

雨模様だったこともあって、σ(^_^)は奥の屋根付きの方に入り浸り(笑)
湯温も適温の範囲で、半身浴したりしながら、のんびり湯浴みができたよん(^_^)v

P6120598

P6120607

P6120603

お湯の中には細かな湯の花(*^。^*)

P6120599

湯温も下がるし、雨降りも捨てたもんやないかも(^_-)-☆

P6120604

そうそう…こちらのお宿には、脱衣所と別に女性専用のパウダールームが設けられていたんで…

P6120615

P6120616

P6120619

湯上がり後はこちらでゆっくり身支度できるかも(^.^)

…ということで
続きはまた後日(*^。^*)


ではでは…読んでいただいてどうもありがとうでした~(^_^)/~~


今回の旅全体の記録はこちら→4トラベル旅行記
お宿の公式サイトはこちら→旅亭花ゆら
じゃらんはこちら
↓↓

旅亭花ゆら
楽天トラベルはこちら
↓↓



プロフィール
南まさと

「不満たらたらのアリより幸せなキリギリスでいたい」がモットー(笑)のアラフィフ女っす
色々とマニアック&多趣味??かなぁ・・(;^_^A
お宿色々♪
ギャラリー
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
  • 日本の原風景~心に残った遠野の景色いろいろ(^.^)
楽しいサイトがいっぱい♪♪
広告貼ってみた(^_^)v
広告貼ってみた(^_^)v
記事検索
とりあえずの定番(^.^)
平日リーズナブルに(^.^)
ちょこっと贅沢(^.^)
還元ポイント高し(^.^)
カテゴリ別アーカイブ
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: